2018 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 08
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
後発薬は常識となるか
2008/05/28(Wed)
 ◇ジェネリック医薬品
  特許の切れた先発薬と同等の有効成分を使って製造される後発薬。
  価格は先発薬の約7~2割と安い。後発薬メーカーは約240社。
  認可された後発薬は約6000品目あり、先発薬(約3000品目)より多い。


後発薬(ジェネリック医薬品)が手に入りやすくなったのを知っていますか?
これまでは、本人が医師に申し出て、処方せん欄にある「後発医薬品への変更可」へ署名してもらうことが必要で、なかなか言い出せない人も多かったのでは。
今年4月から、「変更不可」の場合のみ医師が署名するように変更されました。

厚労省の思惑は、もちろん医療費抑制
後発薬の普及率が軒並み6割前後という先進国の中で、日本はまさかの17%。
これをまず30%まで引き上げたいとのことですが…

日本でここまで普及が進んでいないのは医師・患者双方に原因があるのでしょう。
しかし実際には、医師がわの不信感の方が大きな障害になっているのではと思います。

日本医師会は「後発薬には劣るものもある」と堂々と指摘していてビックリですが、
これまでの臨床試験や後発薬を使用した医師へのアンケートなどでも、先発薬と違った副作用が現れたとか効能が劣っているとかという報告は見当たりません。

しかし患者側とすれば、「従来品の方が安心ですよ」と医師に言われたら一も二も無い。
公取委の06年消費者アンケートによると、「場合によっては後発薬を選ぶ」人のうち、
78%が 「医師や薬剤師から説明をうけて納得できれば」 と答えているそうです。
厚労省さんも、まずはセンセイ方の意識改革から始める必要がありそうですねぇ。

普及の推進にむけて、いま特に注目を集めているのは、高血圧治療薬。
服用者の多い「ノルバスク」「アムロジン」という王道薬の特許が切れるため、
07年売上高1800億円と言う市場を狙って、後発薬メーカー30数社が準備中とか。

実は、ウチの夫も降圧剤を使ってます。(^_^;)
予定では、高血圧治療剤の場合、後発薬に切り替わると薬価は約半額。
三割負担ですから月々の支出減はタブン300円程度ですが、ばかになりませんよぉ!?

生活にかかわる何もかもがこう値上がりしては、われわれ庶民は息がつけない。
人生の先輩である高齢者にさらなる負担を強いるような新制度はさっさとやめて、
国も国民も得をする『ジェネリック医薬品普及加速』にガッツリ取り組んで頂きたいでっす

スポンサーサイト
この記事のURL | 日々徒然 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<2にゃん。 | メイン | 更紗空木>>
コメント
-  -
一番乗りですv-290
こんばんは。
私の母もこれでもかって程薬を飲んでますので、安くなるのは助かります。
薬はもちろん必要ですけど、副作用じゃないかと思う症状もあるんですよね。
でそれを押さえるためにまた別の薬を飲まなくてはいけない・・
薬を飲む以上仕方がないとは思いますが。
2008/05/29 01:30  | URL | アシタカ #-[ 編集]
- アシタカさま -
お母様もそうですかぁ
平均寿命が延びたのは確かに医学の進歩のおかげでしょうけど、
高齢者「薬漬け」の社会はなんだか変だな~とよく思います。

ウチの義母は「あんたらに迷惑はかけられん」と健康に気を付けてくれてますが
検診のたび“コレステロール値が高い”と言われ、薬を飲み続けても下がらず、
さらに栄養指導を受けては「食べてもいい物の方が少ない」とボヤいてます。
大体、もともと菜食に近い人なので食生活に問題があるとは思えないんですが…
お医者サマの言うことを聞かざるを得ないというのも歯がゆいですねぇ(-_-;)
2008/05/29 11:22  | URL | ささめ #-[ 編集]
- こんばんは -
ジェネリック医薬品のことは詳しくなくて今ここでお勉強させてもらいました。
ささめさんありがとう^^

実はうちの母ですが、今入院していますでしょう。
黄疸はやっと消えて色んな検査をしていますが、今のところ原因がまだ分からないのです。
それでね、主治医曰く、
もしかしたら多量に飲んでいた薬が原因かも知れないって。
母には合わない薬があったのかも知れません。
うちの母も降圧剤を飲んでいますし、他にも肝臓のお薬だとか色々と飲んでいたそうです。
全部ストップして今の主治医の指示のもとでのお薬だけになってやっと黄疸も消え最近は元気な声を聞かせてくれます。

きっと母は今までの主治医の言うことをそのまま聞いていて服薬していたのだなと思います。
私自身も病を通して思うのですが、患者側は必ずしもお医者様の言う通りに全て聞いていくのではなく、多少は調べてみて少しでも疑問に思う事は躊躇なくインフォームドコンセントにて突っ込んで聞いていくべくだなと思います。

私、すんごいですよ~(^○^)
時々主治医がドン引きしていますからぁ~♪
でも、お医者様にお任せしっ放しというのも違う気がします。
今やっているキムタクのドラマじゃないけれど、
「小学校5年生でも分かるように話してください」というように、理解できる言葉で突っ込んで聞いて行くのも大事ですよね。
誰でもない、自分の体ですものね^^

2008/05/30 23:44  | URL | 如月 #Q9o2tpIk[ 編集]
- 如月さま -
あらっ!? 親しい人の親族の方で、そっくりの状況を聞いたことがありますよ。
お医者さんは薬が原因だと断言はされなかったそうですが
私達は、強制的に内臓機能を亢進させられて肝臓が悲鳴をあげたのではと話していました。
お母様のこと、当面はひと安心なのでしょうか。すこしホッとされましたね♪

いくら有効な成分でも、人間のからだがついていかなければムダですよね。
笑い話もあります。
昔の同僚が、ひどい黄疸が出て緊急入院。
疲れが取れないからと栄養ドリンクを2本ずつ飲んだのが原因とわかり
知らなかったよーと笑ってました。(おいおい)
笑い話ですめば「教訓」ですけどねぇ(笑)

知識がないままの「薬漬け」は怖いし、ムダも多いですよね
診療を受ける側がもっともっと賢くなることで医療の質も上がるはずですし。
医療費がふくらんで国が苦しいのはわかりますが、
私は、激務の医師の待遇改善のため診療報酬を引き上げるべきだと思っています。
その上で、不可欠でない投薬を減らす、安価な代替え薬に移行する
そういうことで医療費削減につなげてほしいなと。

如月さんのようにガンコな(爆)患者が増えれば
医療の現場から変わっていってくれる期待がもてますねっ(笑)
2008/05/31 09:42  | URL | ささめ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://0710sasame.blog122.fc2.com/tb.php/69-df735eea

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。