2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「いのちを絶つ」重さ
2008/05/02(Fri)
硫化水素による自殺が全国で相次いでいます。

基本的に、あまりにもレアな「事件」を語るのは避けているのですが
黙ったままではいられないものがあります。

「硫化水素を使った自殺」件数は、3月には数件だったものが4月に入って急増。
報道機関が把握しているものは40件超ということですが
毎日新聞によると、25日以降だけで30件近くにものぼるとか…


こういう言い方は好きじゃないし、できればしたくない。
…だけどこれ、明らかに事件報道に触発されたものと言えないでしょうか。
とうとう、老齢の母親との無理心中をはかったとみられる事例まで現れました。

たしかに以前から自死を考えていた人たちなのでしょう。
けれど、報道を見聞きしてからネットで検索をし、方法を得て実行に移したのではないか。
そうだったら、あまりにも口惜しい…

故意であるなしを別にしても、「自らいのちを絶つ」ことを容易にする情報をばらまいてしまう
そういう現在の社会。 
何が悪いのか、どうすれば良いのか、答えはいつか出るのでしょうか。

日本の人口に対する自殺率は、先進国中ロシアに次ぐ2位という高さ。
1998年以降、年間自殺者数はずっと3万人を超えています。

うち7割は男性で、特に40~50代の増加は見過ごせない現象でしょう。

働き盛り、社会的にも家庭にも責任のある年代の男性が死を選ぶ。
そこまで追い込まれた事情、抑うつ状態、
自殺者の8割は誰にも相談せずに死を選んでいるのだそうです。

実は昨年、私が住む地域(小学校区内)でも50歳前後の男性二人が自死しました。
まだ学齢の子供があり、PTA活動などにも積極的だった方たち。
同年代ではあっても、子供たちの進学先が分かれるにつれお会いすることも無くなり
なぜなのか、何があったのか、遺族の方に聞くこともなおさら出来ませんでした。

けれど、何があっても、どんなにつらくても、生きていてほしかった。
「いのちを絶つ」重さは、本人ひとりだけが背負えるようなものではないと思います。
生きているだけで、必ず意味はある
生きていることが、なによりも大切なこと


知人であるなしにかかわらず、すべての人に伝えたい。
硫化水素による死を選ぶ若い人たちにも、どうしても伝えたいことがある。

「いのちを絶つ」方法ではなく、「生きて行く」方法を検索して下さい

ネットで広がった世界、今のあなたが知らない「生きる」意味もきっと見つかる

生きていって下さい。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日々徒然 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<フィンランドの自殺予防プロジェクトに学ぶ | メイン | キーボード今昔>>
コメント
- 今夜は暑い!マムも熱い!(笑) -
ささめさん、マムは、TVニュースをみる度に、
日本人裕福なのに、心が貧しいんだわ~と、
いつも、ダデイと話しています。

世界第二位の経済大国なのに、こんなに自ら命を絶つ人が
多いという国は、聞いた事もみた事もありません。
世界中では、まともな食料や医療を受けられずに亡くなる命が
たくさんあるという現状をもっと、TVは報道すべきですね。
事件を分析したり、解析するのは専門家のする事で、
一般には知らせるだけに、留めるべきなのかも知れませんね。

僅かな蓄えで、とっても幸せを感じて生きている人たちを
もっともっと、報道は伝えるのが使命かも知れませんね。

結局、以前にもお話ししたことがあると思うのですが、
政治がない国ですし、国民のために働いている政治家も
いない国の様ですね?^_^;

世界を観てきた娘が言っているのですが・・・・、
「日本ってとてもいい国だけど、お金持ちしか
             幸せにはなれない国なのね」と。

ささめさんのようなママばかりなら、素敵な国になりますねヽ(^o^)丿
2008/05/03 23:18  | URL | マム #-[ 編集]
-  -
こんばんは。
確かにマスコミ報道がきっかけになっている事もあると思います。
自殺する人の多くは心の病気にかかっています。
普通の状態ではないので、周りの人の努力が不可欠なのですが、なかなかうまくいかない事もあるのでしょう。
自殺の多い日本はこの病気にかかる病原要素が多いということですね。

2008/05/04 00:14  | URL | アシタカ #-[ 編集]
- ささめさんおはよう^^ -
こちらは今日もお天気が悪いですがささめさんの方はどうですか?

報道される事件などからの影響で負の連鎖が生まれること、、悲しいことですがとても多いですよね。
希死念慮を抱えている方たちが多いのも悲しい現実ですが、そういう方々の大半が本当は気づいて欲しい、話しを聞いて欲しい、止めて欲しいと心の奥底で待っているのもまた多いようです。

私は結婚していた頃、一時主人の仕事の関係で英国に居たことがあります。
時期外れの話なのですが、
英国でのクリスマス時期は今の日本とはちょっと違って家族と盛大に過ごす家庭が多かったです。その為なのかお店など早く閉まる所が多いんですよね。
そして、クリスマス時期の自殺者がとても多いと言われています。
色んな事情で独りの方が、その時期に独りでいることに耐えられなくなるそうです。

人は独りでは生きていけないのですよね。
2008/05/04 08:11  | URL | 如月 #Q9o2tpIk[ 編集]
- 長いことすみません -
ご無沙汰しました

私も今
行き続ける方法を必死で探しています
1人でが生きてはいけないけれども
でも 1人でも生きていける方法を・・
2008/05/04 20:11  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- マムさま -
報道って難しいですよねぇ
今はマスコミ全盛で、あふれかえる情報の中からどれを取捨選択するか
良くも悪くも、個々人の意識によって振れ幅が大きすぎますね

山口の母子殺人事件でもそうでしたが、
簡単に目や耳に入ってくるメディアの責任
当の媒体にかかわる人たちが軽く考えすぎているとも思います。

長女もこれからマスコミ当事者となる予定です。
ペンの力に驕ることなく、
そういう部分をひとつひとつ考えられる人間に成長してほしいです。

モノに頼らなくても、ひとりひとりが心豊かに過ごせる国。
そういう、国として目指すべき部分が置き去りにされてきたツケ。
ひとりの力はあまりにも小さいけれど
自分に出来る事が何かあればと考えることが多くなりました。
2008/05/04 21:38  | URL | ささめ #-[ 編集]
- アシタカさま -
人は、ほんの少しのきっかけでバランスを失うのでしょう。
けれどまた、ほんの少しのきっかけで救われることも多いと思います。

自分が苦しんでいる事を伝えるのは難しいことです
身近な人が気付かないことも多く、個々人の力も限界があります

かつて自殺大国だったフィンランドが
国をあげての取り組みで、劇的な成果をあげています。
このことを、次回にでも記事にしたいと考えているところです。
2008/05/04 21:57  | URL | ささめ #-[ 編集]
- 如月さま -
昨日今日と、こちらは「夏ですかー!?」というフザケた気候ですぅ
しかし明日の予報は雨。行楽地はかきいれ時なのにねー
てか、どっちにしろウチは何も予定ないですけども(笑)
連休といえども、私はちょこちょこ仕事に出てますしね(^_^;)

う~ん、やっぱり「ひと」を支えるのは「ひと」なんでしょうね
如月さんはさまざまな形で関わって来られたので
なおさら心の深いところでそれを感じていらっしゃるのでしょう

自死を選ぶ人たちの多さもしかり
子供の数の減少も止まらないようです
限られた単発の対策では及ばないところまで来ているのではないでしょうか

「暫定税率問題」とかで国民生活の不安を増長している場合じゃないすよ
国が取り組むべき最優先課題は何か
あいかわらずオソマツな我が国の政治にうんざりしますねぇ(ーー゛)
2008/05/04 22:20  | URL | ささめ #-[ 編集]
- akoさま -
来て下さって嬉しい!!
謝ることナイですよ~

何も力になれなくてくやしいです
でも、グチでも弱音でも何でも聞きますから
akoさんに笑顔がいっぱいになるまで
きっとそんな日が来るから

今までも、今から先も、ずっとakoさん大好きです!
2008/05/04 22:39  | URL | ささめ #-[ 編集]
-  -
やっぱり 猫が好き

じゃない
ここがすき(笑)

ひとりだけどでもひとりじゃない
ソウ思えたりして

だから 生きていく方法を探せるんですね
2008/05/06 15:41  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- ひとりだけどひとりじゃない -
ホントにそうですね♪

akoさんがそう言ってくれてホントに嬉しい
私もいつもそう思ってます
そして
たくさんの人がネットを通じてそう思ってくれたらと…

2008/05/06 23:14  | URL | ささめ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://0710sasame.blog122.fc2.com/tb.php/59-94ed2975

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。