2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
SFな今日
2008/03/25(Tue)
慶応大学文学部教授 巽孝之(たつみ・たかゆき)

 クラーク死去のニュースが一瞬にして世界中を駆けめぐり、追悼記事がやりとりされる-まさにこの衛星通信網、すなわちインターネットに結実する未来を、クラークは1945年に「地球外中継」という論考で予測していた。その意味で、われわれはいま、すっかりクラーク化してしまった日常世界を何の疑いもなく生きている。
  (産経ニュースより抜粋:寄稿 2008.3.21)

SF界の大御所でビッグスリーの最後の1人、アーサー・クラークが逝きました。90歳。
映画「2001年宇宙の旅」 (1968年公開) だけは知っているという人も多いでしょうが
クラークは科学者やNASAの宇宙飛行士とも親交が深く、大きな影響力がありました。
まさにSFと現在の接点として長年活躍してきた作家です。

ん~、長年のSFファンとしてはやはり感慨深いものがありますねぇ…

でも実を言えば、SF作品としては私はクラークはそれほど好きではありません。
もちろん代表作や「2001年…」から「3001年終局への旅」まで全部持ってますが
なんつーか、文章がちょっと硬いんですよね (笑)
海外作品って翻訳者でずいぶん変わりますけれど、それだけじゃない。
クラーク作品は、まずビジョンありきっていうか、ストーリーや人物が後回しになってる。
…こんなこと言うと、クラークファンのブーイング受けそうですね。(笑)

後年の作品はずいぶん柔らかい印象になっていましたが、
軽妙な語り口で、読者を楽しませる姿勢が楽しいアイザック・アシモフ、
そして何と言っても、群を抜くストーリーテラーのロバート・A・ハインライン、
ビッグスリーと並び称される3人の中では、どうしても文章力では見劣りがします。

しかし、科学の最新知識に裏打ちされた近未来を描き続けてきたクラークの、
作品中での宇宙像や未来像の予測精度の高さにはうならざるを得ません。
冒頭の文章のとおり、クラークは彼が思い描いたSFな今日を見届けて、そして逝ったのです。


蛇足ですが。(笑)
ビッグスリー以外で、ささめ的おススメのSF作品と作家はというと…

   ロジャー・ゼラズニィ  「光の王」
   サミュエル・R・ディレーニイ  「バベル-17」
   アーシュラ・K・ル・グィン  「闇の左手」 「言の葉の樹」
   フィリップ・K・ディック ……はどの作品がいいかなぁ ああぁ悩むっ!(笑)

 ディックは映画「ブレードランナー」の原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の作者。
彼はまさに奇才で、麻薬中毒患者のタワゴトとしか思えないような異様な世界を描いたり、
その作品はまさにピンからキリなんですが、これが天才ってものか!!と思うワケですよ。
 自分としては、ル・グィンの描く世界が一番好きですねー。
日本では、ジブリの「ゲド戦記」公開で初めて名前を知ったという人も多いかもですが、
名実共に女性SF作家の頂点。彼女が語る<ハイニッシュ・ユニバース>のリアリティときたら!!

…うぅ~、キリがないのでこの辺でやめときます。(爆)
かなりメジャーなモノばかりですので、よく知ってる人には「な~んだ」で済んじゃう。
けど、いいものはいいんだっ!! (^_^;)
ただねー、
SFって、本好きの人でも「何それ?」なんて顔されちゃったりすること多くて
ちょっとサミシイんですよね~


スポンサーサイト
この記事のURL | 日々徒然 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<天王山にはまだ早い | メイン | 緑の指がほしい>>
コメント
- すごいですね -
なんせ2001年宇宙の旅で
寝ちゃったと言う過去を持つ私です
確か兄貴につれられて
無理やりつれてかれた映画で
まだエラク子供で
とてもじゃないが内容についていけなかった
それ以来の苦手分野で
すいません
ぜんぜんわかりません(爆)
2008/03/25 01:19  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- akoさま -
2001年はねぇ…
先に小説があったわけじゃないので余計に難解だったんだと思います
ストーリー全体は3001年まで読めばなるほど~になるんですけどねー
評価としてはSF映画の草分け的意義の方が大きいです(笑)

今は活字の世界に映像が追い付いてきましたし
akoさんも映画なら観るでしょ?
夫も本好きですが、SFはバイオレンスありの映画のみオッケー
活字では背景の世界が想像できないらしくて。
映画も「マトリックス」くらいになると、もうついていけないとボヤいてます(爆)
2008/03/25 11:37  | URL | ささめ #-[ 編集]
- 映画は -
かなり難解なのもOKで
べたべた恋愛ものかドが付くホラー以外は
何でも観ますが
2001年~関連は
あれ以来どうもだめになってしまって

もしかしたら今もう一回観たら
全然違うのかもですねぇ
チャレンジしてみるかなぁ・・・
2008/03/25 12:09  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- 他の -
SF映画全般もダメなんですか??
私は映画だとハードなのが好きなんですが
「バック・トゥー・ザ・フューチャー」とか誰でも楽しめる典型だし
だいたいSFって言っても線引きは難しいですよね
サイエンス・フィクション、サイエンス・ファンタジー、ファンタジー、
日常の中にちょっぴり不条理が入ったものでもSFですね

マンガみたいに(?)一段下に見られてきたSFですけど
現実には無い世界を構築し物語を進行させる
または現実の延長上に異質のストーリーを展開する
まず背景に破綻が見えれば読者はついて来ない
すぐれたSF作家の筆力は、小説家全体の中でもトップクラスではないかと。
非日常的な世界や状況で人間がどう思い、どのように行動するか
さらに状況が予想しない方向に変化すると…?
これがオモシロくて、やっぱSFねっ!の私なんです(笑)
2008/03/26 11:32  | URL | ささめ #-[ 編集]
- いやいや -
弱いのは2001年関連だけです

バック・トゥー・ザ・フューチャーなんて
何十回観たか
BOXでDVD買っちゃいましたもん
大好物?です

そもそも漫画もSFのハシリは
手塚治虫先生だと思ってる私ですが
漫画にハマり込んだのは
あの方のおかげです~
2008/03/27 02:32  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- 失礼しました -
SFといえども、akoさんがエンタテインメントをパスするわけはなかったですね(笑)

それから、漫画!?
マンガ… 
…実はこれも語り始めたら止まらない自信アリ!! の私なんですが~。(爆)
2008/03/27 22:35  | URL | ささめ #-[ 編集]
- おぉっと -
漫画は私も
語り始めたら止まらないと・・(爆)

そもそも子供の頃の夢は
漫画家でした(笑)
2008/03/28 18:19  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- ささめさんの -
好きな漫画ってのは
やっぱSF系統ですか?
2008/03/28 22:14  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- そりゃもう -
「SFな」漫画だったら言う事はないです~
「AKIRA」とかリアルタイムでしたし(笑)
少女マンガ系だと、24年組・ポスト24年組すべてハマりましたが
萩尾望都さん、佐藤史生さんなんかはやはり別格ですね~
だけど結構何でもイケますよ?
内容の無い「処女マンガ」はもうさすがに読めませんけど (爆)
川原泉さんはデビュー時から大好きです
いまは今市子さんがイチバンかな
2008/03/28 23:10  | URL | ささめ #-[ 編集]
- AKIRAはみましたねぇ -
私的にはやはり萩尾望都さんかなぁ

スラダンなんかも結構見ましたが
いまは くらもちふさこさん かなぁ
岩舘真理子さんとか
2008/03/29 09:47  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
- さすがakoさん -
くらもちさん、岩舘さん、秀逸ですよねぇ
そんで、何と言っても萩尾せんせー!

今現在も、生協5%引きで月刊「フラワーズ」定期購読してます
手違いで配送が遅れた時、担当さんが
「お嬢さんにゴメンねって伝えて下さいね~」
「…イエ私が頼んでるんですけど…」
担当さんの目が点になってましたー。 (爆)
モチ娘らもマンガ大好きですぅ
2008/03/29 10:12  | URL | ささめ #-[ 編集]
- あらぁ -
うれしい
最近くらもちふさこさんとか
岩舘真理子さん 分かってくれる人いなくて

萩尾望都さんなんかもっと・・

娘が本屋にいて
くらもちさんのとかは
頼まなくても店員割引で買ってきてくれますが
本人は読まない

代わりに息子が大のくらもちファンですが
2008/04/03 23:28  | URL | ako #JNaGb44s[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://0710sasame.blog122.fc2.com/tb.php/51-a5f5010d

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。