FC2ブログ
2018 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2018 10
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
再生医療
2007/11/26(Mon)
>ヒトの皮膚から万能細胞・京大など成功  
>京都大学の山中伸弥教授らは、神経や筋肉など体の様々な細胞や組織に育つ新型の「万能細胞」を、人の皮膚の細胞から作ることに世界で初めて成功した。すでにマウスの細胞でも同様の細胞を作っていたが、人の細胞で成功したことによって、患者本人の細胞から拒絶反応の起きない移植用組織を作れる可能性が出てきた。次世代医療である再生医療の本格的な実現につながる成果だ。 (日経ネットより)

遺伝子研究では一歩先をゆく日本の研究者。
やはりというか、ついに臨床につながるノーベル賞級の成果が出ていますね

長年、諸外国にくらべ国や企業のバックアップが少なく研究費用調達に苦労する環境の日本。見切りをつけ海外に渡る研究者も多い中、科学技術振興機構との共同研究。
まさに「純」国産の快挙に喝采

実際に再生医療に適用されるには、技術面だけでなく、まだまだ複雑な過程を乗り越えて行かなければならないだろうと、容易に予測は出来るけれど。

たとえば臓器移植で、日本が世界に大きく遅れをとっている事実は周知のこと。
倫理面での問題の論議が不十分である事が一番の要因だと思う。

もちろん、慎重さが要求されるのは当然だけれど。
しかしその結果、移植ブレーカーなどの暗躍を許している面もあって。

先日、中国での斡旋で逮捕されたブレーカーは、
「必要だから提供する。悪いとは思っていない」というコメント。(;一_一)

数々の障壁はあるだろうけど、
『必要な時に、必要な医療が、安心して受けられる』日が、
一日も早くきますように。


スポンサーサイト
この記事のURL | 日々徒然 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ステキに暮らす | メイン | 乾燥肌対策>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://0710sasame.blog122.fc2.com/tb.php/22-dc2579e0

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。